障害児育児

障害児育児

スポンサードリンク

障害児育児は健康に生まれてきたお子さんの育児と比べると、
想像が出来ないくらいに大変なケースもあれば、あまり変わらずに楽しく子育てできるケースもありますから、
それはお子さんの状態によっても違っていると思います。

障害児育児をしている人は、日本でも世界でも沢山います。

今は障害児のための施設や学校教育現場での整備もかなり整っていることから、
それほど不自由ないとは言え、やはりお子さんが障害児で生まれてきたことに対しての思いなどは当事者にしかわからないこともあるでしょう。

障害児育児はその子が持っている障害の度合いによっても違いますが、
一生をかけてサポートしてあげなくてはいけないこともあります。

また知能的には健常者と同じでも、
体に障害を持って生まれてきていることもありますから人それぞれ違いはあります。

障害児育児はなってみなければわからないとは思いますが、
一人で悩まずに、まずは育児に対しての情報収集をすること、
そして同じ立場で育児をしている人との情報交換や、交流なども積極的におこなっていくことが大切です。

一人で子育てや育児をしているのではなく、
同じ立場の人もいるので一人ではないと思って頑張っているお母さんは大勢いらっしゃるのです。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意