育児 英語

育児を英語で行う

スポンサードリンク

育児をする際に日本語で育児をするのが当たり前ですが、日本にいながらにして、
育児を英語でおこない、バイリンガルな子供に育てようと思っている家庭もあります。

育児を英語でおこなうことで、自然と日本語も英語も身に付けることができるので、
これからの国際社会で困らない英語が自然と小さいころから身に付くのです。

育児を英語でするということは、
一番良いことは、ネイティブの親が英語で話しかければバイリンガルになることが出来ます。

英語で教えてくれる学校なども今はとても増えていますから、
家庭でも育児をする際に英語育児をしてみると自然と英語も日本語も身についていきます。

しかし育児を英語でおこなうことのデメリットとして、
親は子供が海外の学校へ行くことや結婚すること、
海外で生活をする確率が多くなることを理解しておく必要があります。

確かに小さいころから英語に慣れ親しんでいれば、
英語が使える海外でも怖くないですから、全く英語を身に付けていない人に比べると、
かなり海外へ行く確率は高まるでしょう。

まずは育児を英語で始める際には挨拶から初めて、
基本的な日常会話を英語で話すよう荷してみるといいでしょう。

本当はおなかにいるときから、英語で話しかけるとよいといわれています。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意