女の子の育児

女の子の育児

スポンサードリンク

お子さんの性別によって育児の方法も違ってくると思います。

女の子育児のほうが、お母さんはしやすい、
一人目が女の子だったら育てやすいと言うことを聞いたことがありますが、
それは本当なのでしょうか。

ママ、パパも男と女ですから、やはり自分の性別の子供のほうが接しやすいと感じるので、
ママが女性ですから女の子のほうが育てやすいと感じるのかもしれませんね。

お父さんはあまり普段お子さんと一緒にいる時間が少ないこともあるので、
特に性別によって女の子育児だからどうだというような育て方や接し方については、
実感していない人が多いようですが、お母さんは、圧倒的に女の子育児のほうがやりやすいと感じているようです。

これは子供の性別、ママの兄弟の有無などに関係なく、やはりお母さんは女性ですから、
男の子を育てるよりも女の子育児のほうがわかっている分しやすいと感じるのかもしれません。

女の子育児だからといって、男の子の遊びをさせてはいけないとか、
これをしてはいけないと言う決まりはありませんから、のびのびと子育てをしていただければいいと思います。

しかし自然に女の子は女の子育児になっていくものですから、
お母さんが女性である以上、自然と女の子育児が実践されていくのではないでしょうか。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意