育児支援制度

育児支援制度の内容

スポンサードリンク

育児支援制度は企業などが設けている支援制度ですが、
大きな企業になればなるほど育児支援制度も整っているのが特徴です。

育児支援制度が利用できるのは女性だけでなく、
最近は男性も職場の育児支援制度を積極的に活用していると言うのも大きな特徴です。

例えばある大手の会社の育児支援制度としては、
産前休業として出産予定日を含む6週間前からの休業、
そして月額で決められた賃金の9割の支給が補償されています。

そして産後休業は出産してから8週間まで休業可能で、
こちらも月額で決められた賃金の9割が支給されます。

これは女性に対してですが、
男性は配偶者出産による特別有給休暇として3日に加えて積み立て休暇の2日を取得することが出来ます。

その後は育児休業制度もありますが、
これは子供が2歳になるまでの間休業可能で、
男性で配偶者が職業をしていない場合には配偶者が産後休業相当期間中は育児休業を取得することが出来るようになっています。

そして職場に復帰してからも残業を免除してもらえたり、展示館勤務製、
子供が熱などで休んだ場合には10日間取得できる看護休暇もあります。

企業によっては、ベビーシッター利用補助金が受け取れます。

これらの育児支援制度はそれぞれの企業によっても違います。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意