子供 溶連菌

子供の溶連菌について

スポンサードリンク

子供の溶連菌とは、
溶血性連鎖球菌という最近が感染しておこります。

咽頭炎や、扁桃腺、リンパ節炎、
とびひや猩紅熱などを引き起こすことになります。

小さい幼児から学童期に一番かかりやすく、
年齢的には5歳から15歳くらいまでが一番発祥しやすいといわれています。

発熱を伴いますし喉の痛みを伴いますが、こうした症状のある咽頭炎の中で、
15パーセントから20パーセントは溶連菌に感染しているといわれています。

原因は溶連菌ですが、
A群溶血性連鎖球菌が原因になるのが一番多いといわれてます。

飛まつ感染で他人にもうつりやすくて、
潜伏期間は2-5日とされています。

主な症状は喉の痛みと同時に38度から39度の熱が出て、
のどの痛みがひどくて扁桃腺の回りが赤く、飲み込むと痛みを感じます。

吐き気や発疹を伴うこともあります。

合併症として急性腎炎にかかったり、
リウマチなどを起こすこともあります。

熱が下がってからも10日から2週間後、
1ヵ月後に尿検査をする必要があるというのが他の感染症との違いで大きな違いでもあります。

学校保険法では出世規定しにはならないが、
可能性がある病気が伝染するのを抑えるまでは欠席することが必要であるとされています。

スポンサードリンク

.

「苺舌」って何?

苺舌(いちごした)とは、苺のように赤くてプツプツとした舌の事で溶連菌感染や川崎病にみられる症状です。咽頭の腫れ、熱や全身の発疹を伴う事が多く首のリンパ節がはれたり、中耳炎や筋肉痛、関節痛などがあらわれることも。

≫続きを読む

溶連菌の潜伏期間と感染経路について

溶連菌感染症は、A群β溶血性連鎖球菌(略して溶連菌)という細菌の感染によって起こる病気の総称です。飛沫感染といって、咳やくしゃみ、鼻水が飛び散り体内に入ることで感染します。何でも口に入れてしまう乳幼児期にかかりやすく、感染力が強いので兄弟内の感染は80%。児童館や保育園、幼稚園で蔓延します。潜伏期間...

≫続きを読む

子供の舌がブツブツ!? これは何の症状?

子供の口の中を見ていますか?口の中の異常は、目につきにくく親が気が付きにくいと言われています。特に小さなお子さんの場合、自分で口の中の異常を訴える事ができないので定期的に口の中を観察し、早く異常に気が付けるようにしましょう。赤く腫れてブツブツとしていたら、それは苺舌といわれる症状です。苺舌は、溶連菌...

≫続きを読む

溶連菌の検査キットはどこで手に入る?

喉の痛みや腫れと高熱が特徴の溶連菌感染症は、風邪の症状によく似ています。ただし、ウィルス性の風邪のように自然に治る事はありません。抗生物質を服用て治療します。風邪か溶連菌感染症かを判断する際に使われるのが、溶連菌迅速診断キットです。口を大きくあけ、舌圧子で舌を押さえます。口蓋、扁桃、咽頭後壁に綿棒を...

≫続きを読む

溶連菌感染症の症状「吐き気」

溶連菌感染症の主な症状に「嘔吐」があります。夜中に嘔吐するので救急外来に行ったら、ウィルス性胃腸炎ではなく溶連菌感染症だったというのはよく聞く話です。通常、抗生物質を服用すれば2〜4日で溶連菌感染症の症状は治まります。もう治ったからといって、抗生物質を自己判断で中止してしまい、その後また発熱、嘔吐、...

≫続きを読む

溶連菌感染症の症状「発疹」

溶連菌感染症の発疹は、細かい粟状の発疹が特徴で全身が鮮やかな紅い色の発疹に包まれます。発疹は、皮膚表面だけではなく咽頭や舌にも見られます。回復期には、手足の皮がむけるのが特徴です。溶連菌感染による発疹の場合、抗生物質服用による副作用と思いこみ、保護者が自己判断で抗生物質の服薬を中止してしまう事があり...

≫続きを読む

溶連菌(ようれんきん)の潜伏期間について

溶連菌の潜伏期間は、48〜72時間です。感染力が強いので、家族内に溶連菌感染症がいる場合80%感染します。また、溶連菌感染症は飛沫感染といって、唾や鼻水の飛び散りで感染します。喉の痛みや高熱、発疹といった目立った症状が出る前に口移しや箸の共有、飲み物の回し飲みなどを行うと、溶連菌が移る可能性がありま...

≫続きを読む

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意