男性 育児休暇

男性の育児休暇の現状

スポンサードリンク

男性の育児休暇についてですが、男性も育児休暇を取ることは可能です。

育児休暇というのは男性も女性も両方がとることが可能です。

子供が1歳になるまで希望する期間取得可能です。

ですが男性の育児休暇は問題点が多く、
女性ガ8割育児休暇を取得しているのに対して、
男性は1割を満たない取得率となっています。

育児休業制度はあっても取得しないという男性が多いといわれていますが、
その理由としては、職場の雰囲気を考えたり仕事の状況を考えると取れないという人が多かったです。

制度があるかどうかも分からないという人もいますし、
職場によっては男性の育児休暇制度そのものがないこともあるようです。

現在のところ事業所の規模に関わらず法律で、
適用されている制度ですから、育児休暇を男性が申請することは可能でス。

ですが、取得真性をしにくい職場環境であったり、
男性が取得することに対して前例がないなどの理由から女性が、
取得するよりもやはり取りにくいというのは現状ではないでしょうか。

務めている会社に男性の育児休暇はあるのかどうか、
これは調べてみてもいいと思いますが、法律で請求できる権利として決められているので、
もし会社に育児休暇の規定がなかったとしても、
これは休暇をとることは可能でス。

法律で育児休暇を理由に解雇されたり不当な扱いを受けることは禁止されているので必ず取得できます。

スポンサードリンク

.

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意