溶連菌 予防

溶連菌の予防について

スポンサードリンク

溶連菌にかからないように予防するためには、
どうすればいいのでしょうか。

溶連菌の予防はとても簡単なことですが、
溶連菌に感染している人の近くにはいかないことがいちばんです。

もし家族が溶連菌にかかってしまったという場合には、
家族の場合には、同じコップや食器を使うことは避けましょう。

溶連菌は予防接種などは一切ありませんから、とにかく流行しだしたと思ったら、
外出後は手洗いうがいを徹底すること、それがいちばんの予防法d章。

子供の学校や幼稚園で季節的に流行しているという場合には、
こうした場所で流行がこれ以上は広がらないようにするために、
感染対策についても考えてもらう必要があります。

3歳から17歳で同居の兄弟がいれば、予防措置として抗生物質の処方をして、
予防を徹底していたこともありましたが、
最近はそれはありません。

ですが、吐き気や喉の痛み、
熱が出てきたという場合には早めに対処した方がいいでしょう。

心配のようでしたら、抗生物質を出してくれるところなどもあると思いますから、
一度聞いてみるというのもいいかもしれませんね。

予防はとにかく飛まつ感染をしないように、
マスクなどをつけて過ごすことでしょうから、
他の感染症と同じように予防しましょう。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意
  • 溶連菌の予防について関連ページ

    「苺舌」って何?
    苺舌(いちごした)とは、苺のように赤くてプツプツとした舌の事で 溶連菌感染や川崎病にみられる症状です。
    潜伏期間と感染経路
    溶連菌感染症は、A群β溶血性連鎖球菌(略して溶連菌)という細菌の感染によって起こる病気の総称です。
    舌のブツブツは何の症状?
    子共の舌が赤く腫れてブツブツとしていたら、それは苺舌といわれる症状です。
    検査キットの入手場所
    医学的な知識のない人が、検査キットの結果だけを信じるのは危険です。
    吐き気の症状
    夜中に嘔吐するので救急外来に行ったら、ウィルス性胃腸炎ではなく溶連菌感染症だったというのはよく聞く話です。
    溶連菌感染症の症状「発疹」
    溶連菌感染による発疹の場合、抗生物質服用による副作用と思いこみ、保護者が自己判断で抗生物質の服薬を中止してしまう事があります。
    潜伏期間について
    溶連菌の潜伏期間は、48〜72時間です。感染力が強いので、家族内に溶連菌感染症がいる場合80%感染します。