産後 育児

産後の育児

スポンサードリンク

産後の育児は体的に万全ではありませんから、
一番大変なときかもしれません。

赤ちゃんを出産後すぐから、育児は待ったなしにスタートします。

赤ちゃんのお世話をしなければいけないのに、
産後の体調があまりよくないときや、体が辛いときは何かと気持ちも沈みがちです。

産後の育児が大変で気分が沈んでしまって、
マタニティーブルーならぬ産後うつの状態になる人も少なくないと言われています。

産後の育児は確かに気分的にも体力的にもとても大変ですが、
もし可能であるならば誰かにサポートしてもらうようにお願いをして、
リラックスをして休憩が取れる状態を作っておくといいでしょう。

どうしても初めての育児に戸惑いを感じたり、あわてたり、
わからないことが多いので不安に思ってしまう人は多いでしょうけれど、
産後は体調も万全ではありませんし、気持ちも落ち込みやすい時期です。

この気持ちはホルモンのバランスが影響しているとも言われていますから、
こればかりは本人の頑張り次第でもどうにもなることではありませんから、
気にせずに休めるときに休んでリラックスする気持ちが大切です。

産後、しっかりと休息を取っておかないとこれから先の長い育児にも影響が出てしまいます。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意