育児の原理

育児の原理

スポンサードリンク

育児の原理、長年小児科医として携わってきた先生が、書いた本のタイトルです。

この本の著者は小児科医の内藤先生ですが、
長年お子さんとお母さんを沢山見てきた先生の思いが詰まっています。

育児の原理を読むと気になっていることもわかりますし、
お子さんの月例の箇所によって知りたいことがわかりますし、
最初から読まなくても、どこからでも読み始める事ができる本になっています。

この本を読んで育児中に救われたお母さんはとても多いといわれています。

小児科医として昭和6年から先生になった内藤先生は、
この本の最後に、育児に行き詰ったお母さんが、この本を読んでほっとすると言いますが、
何回でも、育児に躓いたとき、行き詰ったときに読むといいと欠いています。

本当の事がわかってもらえる、文字の組み方についてもかなり慎重に考えて構成されていますし、
お母さんが落ち着いてリラックスして読めるように工夫されています。

育児と言うのは、子供を育てるだけではなくて、
子供が親を育てていくと言う面も強いのです。

親が育てば子供を広く深く見守ることが出来るようになると、育児の原点では触れています。

今までに大勢のお母さんがこの本を読んで助けられたとのことです。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意