乳児育児

乳児育児

スポンサードリンク

乳児育児は大変な時期でもありますが、新生児育児と比べるとかなり内容が違ってきます。

新生児育児は赤ちゃんはほとんど眠っていますし、まだオムツ交換とミルク、
そして起きている間に少し相手をする程度だったかもしれませんが、乳児育児となるとそうはいきません。

例えば何が原因でぐずぐず言っているのかわからないこともあります。

何が原因でないているのか、言うことを聞いてくれないのか、
わからなくて乳児育児をしている最中のお母さんはストレスがかなりたまってくることもあるでしょう。

いたずらもし始めるじきでもあります。

でも本人はまだいたずらをしている感覚は勿論ありませんから、
怒られても何で怒られているのかわからず、怒っても仕方がないこともありますから、
かなり大変な時期でもあります。

ですが、乳児育児は一番幸せで楽しい時期でもあるかもしれません。

乳児はまだ自我もそれほどありませんから、
とにかくお母さんの愛情をたっぷり注いで育てればしっかりそれに答えてくれる時期でもありますから、
とても幸せな時期です。

子育ての中で自分のことを必要としてくれていると言うことが、
ひしひしと伝わってくる時期でもあるのではないでしょうか。

それが乳児育児のポイントです。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意