育児保険

育児保険とは?

スポンサードリンク

育児保険と言う保険の構想が今考えられている最中です。

これは少子化対策として考えられているのですが、
子育ての負担が大きいことが少子化への引き金になっていると言うことが、
国民の意識の中でとても高まっていると思います。

子育てをしている親だけがすべてを背負い込むと言うのは大変なことですから、
子育てをしない家庭も子育てをしている家庭と同じで、
すべての人で負担を分かち合うのがよいのではないかというのが育児保険の考え方です。

まだまだ育児保険の実現には至っていませんし、
これからも実現するかどうかはわかっていないのですが、
育児保険については考えられている最中であると言われています。

この育児保険、ある都道府県が考えていたのですが、
20歳以上の全国民が等しく月額2000円程度負担すると言うもので、
この集めたお金を保育サービス料の軽減に当てたり、乳幼児医療を無料化にしたり、
こうした子育てに関してのお金に使うように出来るために構想が考えられています。

育児保険が実際に始まれば負担が増えることは間違いありませんが、
その分子育てをしている家庭の負担は減りますから、
少子化にもストップがかかるのかもしれませんから、
これは日本全体を見てみると良い考えといってもいいのかもしれませんね。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意