幼児育児

幼児育児

スポンサードリンク

幼児育児は乳児育児よりもお子さんがさらにパワーアップしていますから、
さらに体力的にも、精神的にもお母さんは一生懸命になっている時期かもしれませんね。

幼児育児は賢くなってきたお子さんとの頭脳勝負でもある場合もありますから、
一筋縄ではいかなくなり、苦労することもあるでしょう。

今までだったら、怒られたら言うことを聞いていたお子さんも、
だんだん幼稚園や保育園に行くようになってきたら、生意気な口を利くようになりますし、
言い返してきたり、言うことを聞かなくなることだってあるでしょう。

幼児と言う時期そのものが、だんだん集団生活へもなれていき、
家庭でだけ育っていたときとは違って、様々な刺激を受けて、
そして吸収して育児期でもありますから、とても大変と言えば大変ですし、
一番成長を大きく感じる時期と言えば時期かもしれません。

幼児育児をするポイントは好奇心旺盛になるお子さんに、
たまに疲れてしまうこともあるかもしれませんが、様々なことに興味を持っているお子さんを、
しっかりとサポートしてあげて欲しいですね。

興味を持つことはとても大切なことですし、
興味を持っていれば、成長も早いでしょう。

これからのお子さんの成長をサポートする大事な段階でもあるので、
しっかりと応援してあげて欲しい時期です。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意