海外育児

海外育児の特徴

スポンサードリンク

海外育児は何らかの事情で海外生活をすることになり、
育児を海外でおこなっていることを言いますが、
やはり日本で育児をすることとは色々な面で違いがあるでしょう。

まず育児の方法やスタイルもそれぞれの海外の国によっても違いがあります。

とてもオープンでプレイヤードのようなところで1日中遊ばせて置いて、
一緒に親同士が会話を楽しんだりするところもあれば、
小さいころからお子さんと親とは自立した関係を保てるように寝室を最初から別々にしているなど、様々な育児のスタイルがあります。

日本で育児をするのとは違っている点も多々ありますから、
最初は戸惑うこともあるかもしれませんが、
必ずしも現地の育児のスタイルにすべてを合わせる必要はありません。

場合によっては日本の育児の良いところ、
現地の海外育児のよいところだけを取って
自分の育児の方法に取り入れていけばいいと思いますから、
それほど難しく考えなくてもいいのです。

言葉の問題が育児をしていると気になるかもしれませんが、
子供は柔軟性も高いので、自然に言葉も身につきますから、
あなたのスタイルで育児をすればお子さんも、
日本で子育てをしているときと同じようにしっかりと育っていってくれるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意