育児について

育児について

スポンサードリンク

育児についてどんなイメージを持っていますか?

よく子供が生まれるとそれまで働いていた人などは、
産休を取ったり育児休暇を取ったりしなければいけませんし、
その後社会復帰してからも育児をしなければいけませんから、
育児と言うのは足かせのように感じてしまう人もいるのかもしれません。

育児については人それぞれ考え方が違っていると思いますが、
辛くて大変と言うイメージを持っているかもしれませんが、実際にはそうではないでしょう。

勿論育児が始まった最初の頃は、
それまで夫婦だけの生活でよかったわけですから
時間的にも余裕があったり自分の自由な時間もあったので、
好きなように過ごしてこれました。

しかし育児が始まった途端に自分の時間も減り、
自由な時間はなくなり、育児中心の生活になってしまいますから、
やはり育児に対してよいイメージを持っていない人は多いのかもしれません。

でもお子さんの一生の中で、
育児といってこれほどまでにかかわれる時間と言うのは実は本当に少ないのです。

たった3年ほどの育児の時間、これを大変、
つらいと言う感情だけで終わってしまうのはとても残念ですね。

3歳を過ぎれば集団生活に入りますから、
随分育児も楽になってくると思いますが、育児が大変なときこそ楽しむことが大切です。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意