育児 夜泣き

育児と夜泣き

スポンサードリンク

育児中のお母さんにとって、休みがないとよく言われていますが、
確かに夜だからといってもお母さんが育児を休めないと言われているのが、
夜中でもお子さんが夜泣きをするからでしょう。

夜泣きは赤ちゃんと少し成長しているお子さんとでは違っていて、
育児中の夜泣きは発達途中のお子さんによく見られることです。

夜泣きはだいたい生後2ヶ月から3ヶ月頃に始まって、
1歳半くらいにおさまると言われていますが、特に原因がないのにもかかわらず、
夜中に泣き出して、なかなか泣き止まないのが特徴です。

特に寝る前は機嫌が悪いと言うこともなかったのに、
夜中に突然泣き出して全く何をやっても泣き止まない状態、それが夜泣きです。

夜泣きが続いている時間、時間帯はそれぞれ違っていますし、
グズグズ長く泣いている子もいれば、
火がついたように突然おお泣きをしてすぐに泣きやむ子もいます。

一度泣き出したらなかなか寝付かず、
そのまま明け方まで抱っこしてウロウロしているというお母さんもいるでしょう。

特に生後半年を過ぎた頃から夜泣きの回数が増えるお子さんが多いので、
育児中のお母さんやお父さんにとっては、
毎日悩みのたねになっていることが多いのが特徴なのです。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意