アメリカ 育児

アメリカ育児の特徴

スポンサードリンク

アメリカの育児の特徴ですが、日本とも違いがあります。

アメリカでは幼稚園でも落第がある時区とびっくりする人も多いかもしれませんが、
日本の落第とは少し違ったものです。

本人も親も堂々としているので落第したからといって焦ったり恥ずかしいとは思っていません。

アメリカではわからないところをそのまま放っておいて進学をするよりは、
繰り返し勉強させて身に付けさせるクラスもありますし、
出来る子は飛び級できるというのが育児の基本です。

そして勉強だけでなく、
スポーツやボランティア活動なども通じで育児をしていくと言うのも、
アメリカ育児の特徴かもしれません。

子供一人ひとりの特性がどこに宿っているのか見極めて、
心と時間にゆとりをもって育児をしているのです。

アメリカの育児では日本との大きい違いとして父親の存在があります。

アメリカ人の父親たちはどちらかと言えば明るくて率直な気質を持っているので、
子供たちともよく遊んでいます。

アメリカの育児はママ以上にパパの存在も大きく、
家族のつながりが強い中での育児も大きな特徴です。

アメリカの育児の原点はとにかくしっかり子供を守ろうと大人が考えていることがわかります。

5歳以下の子供を家に残して外出することすら罰せられる場所もあることから、
子供の育児に関しても子供そのものに対しても強い気持ちを持っています。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意