フランス 育児

フランスの育児の特徴

スポンサードリンク

フランスはとても育児がしやすい国といわれています。

日本は子供を生んで育てるのが大変だと言うことから今は少子化とされていますが、
フランスはなぜ育児がしやすい国といわれているのでしょうか。

フランスでは家族給付制度が整っていて、フランス人、
海外からの移住者にかかわらずフランスに住んでいて、
一定の条件を満たしている子供にはこの給付金がもらえます。

しかも20種類以上の手当てがあるので、
それぞれの家庭で条件に合う手当てを選んで受けられますが、
少子化対策のためには、第一子の給付が極端に少なくて子供の数が増えれば給付金も増える仕組みです。

そして育児は2歳8ヶ月から保育学校に預けることが出来るので、
仕事にも行きやすいですし、フランスの育児支援は政策的に選択肢が多数作られていうるので、親一人ひとりが自分のライフスタイルに合った支援を選べるのが特徴です。

フランスのお母さんたちは子供が生まれても親である前に
一人の女性という感覚が強いと言われています。

育児では、一緒に子供と砂場に入って遊ぶ、
川の字で寝るといったことはほとんどなくて、寝室は別々、
子供を夜にシッターに預けて夫婦でデートをするなど育児中でも楽しんでいるのが特徴です。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意