妊娠 出産 育児

妊娠、出産そして育児

スポンサードリンク

女性にとって妊娠、出産、そして育児と言うのはどんな感じがしますか?

妊娠をした実感が最初の頃はまだ沸かないと思います。

そして段々気持ちがお母さんになってきて、
そして妊娠をしたことの喜びを毎日感じるようになり、
次第におなかが大きくなってきて、胎動も感じるようになるでしょう。

ここで、本当にお母さんになるのだと言う実感がわくという人もとても多いと思います。

妊娠の10ヶ月を経て、いよいよ出産。

早くわが子に会いたいと思っていた人は、出産後、
感動のあまり涙を流す人も少なくありません。

それもそのはずです。

10ヶ月おなかの中で大切に育ててきた命が誕生する感動は、
本当に今までに味わったことがない感動です。

そして育児がスタートしますが、
育児は大変でつらいと言うイメージを持たれている方もおおいでしょう。

でも、そんな時はちょっとリラックスをして、
妊娠、出産をしたときのことを思い出してみてください。

きっと思い出せば感動したときの気持ちも思い出されて、
そして育児にも前向きな気持ちで取り組めるようになるかもしれません。

育児は実はあっという間です。

そのさなかにいるときはとても長く感じるかもしれませんが、
本当にあっという間ですから1日1日を大切にしたいですね。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意