母乳育児 離乳食

母乳育児から離乳食へ

スポンサードリンク

母乳育児をしていても、離乳食は必要です。

完全栄養とされる母乳でも、生後半年くらいからは栄養が不足します。

その不足している栄養というのは鉄分のことなのです。

鉄分はお母さんが貧血でないことがとても大切ですが、
お母さんが鉄分を豊富に摂取したとしても母乳野中の鉄分が増えることはありません。

母乳の中の鉄分は一定に保たれていて、
粉ミルクには鉄分が豊富なのですが母乳育児のお子さんは鉄分不足になっています。

ですから時期がきたら離乳食を始める必要があるのです。

その時期ですが、
赤ちゃんがよだれを垂らして食べ物に興味を持ったらはじめればいいといわれています。

母乳育児の乳児は生後半年まで水果汁で、
それ以外の食べ物は与えないほうがいいといわれていますが半年を過ぎれば、
鉄分などが不足しますから、少しずつ離乳食をやったほうがいいといわれています。

おなかがすきすぎると新しいものに挑戦する気になれないのは大人も赤ちゃんも同じですから、
最初に母乳を飲ませてから離乳食をやるとスムーズに導入できると思います。

離乳食の進め具合は最初はサラサラの水のようなものから段階を経て進めていきましょう。

半年以上なら液状にしなくても大丈夫です。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意