母乳育児 ダイエット

母乳育児をすればダイエット

スポンサードリンク

母乳育児ダイエットという言葉を聞いたことがあるでしょうか。

これはそのままなのですが、
母乳は母親が食べた食べ物がそのまま血液になりそして栄養を運んで、
血液が乳汁になります。

そして母乳が作られるわけですが、子供の母乳を飲む量が増えれば増えるほど、
母乳二カロリーが消費されます。

母乳育児をしている間はおなかがすいたと感じるのが早くなる人もいると思いますが、
あまりおなかがすいたからと言って、食べ過ぎないようにして、食事は普通どおりに食べて、
母乳をあげていれば何もしなくても体重が減りダイエットに繋がります。

ここで母乳を出しているからとか、おなかがすくからといって食べてしまうと、
ダイエット効果が現れませんから注意しましょう。

産後は、疲れもたまっていて子供が3時間に1度は泣いてしまいますから、
睡眠もしっかり取れませんから、昼間にお子さんと一緒に寝ることが重要なので、
朝昼晩の三食以外は、間食する時間がないという人も多く、
その間食なしの生活が逆によかったのか、特にダイエットをしなくても痩せるという人は多いでしょう。

食べすぎは痩せないだけでなく、乳腺炎になる恐れもありますから、
ダイエットしたいなら今までどおりの食事でいいのです。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意