母乳育児 卒乳

母乳育児の卒乳方法

スポンサードリンク

母乳育児をしていてもいつかは必ず、
卒乳をしなければいけない日はやってきます。

母乳をあげている時間が本当に幸せだったお母さんにとっても、
おっぱいが大好きだったお子さんにとっても、少し寂しいことではありますが、
卒乳は誰もが通らなければいけない道です。

赤ちゃんの成長の証ですから上手に卒乳をして母乳育児を終了させたいですね。

一般的に多い卒乳の流れについてですが、何かきっかけを作って、
例えばそれは二人目の妊娠だったり、1歳半になったのを機に、
保育園に入るのを機にといったようなきっかけを作って計画を立てましょう。

突然の卒乳に赤ちゃんも戸惑いますから、
まずは3日間与えないよう荷して見ましょう。

この三日間はお母さんにとっては試練の日ですが、周りの協力も必要ですから、
三日間卒乳できるようにしましょう。

そして今までは10分間飲ませていた授乳時間を8分に減らし、
6分に減らしといったように少しずつ減らして飲む量を減らせば、
母乳が分泌する量も少しずつ減らせますから、
その結果スムーズに卒乳へと導きます。

卒乳は赤ちゃんにとっても大変なことですが、
お母さんの体にとってもどんどん母乳がたまってきたり分泌されて乳腺が詰まったりして大変ですが、
しっかりケアしていきましょう。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意