母乳育児と体重の関係

母乳育児で体重が気になる

スポンサードリンク

母乳育児と体重の関係についてですが、母乳育児をしている人は、
産後ダイエットが何もしなくても出来るといわれていますが、
なかなか体重を減らすことができない人、太ってしまった人もいるといわれています。

母乳育児は痩せることは痩せますが、必ず誰でも痩せるとは限らないのです。

痩せた場合でも、それは卒乳してからかもしれませんし赤ちゃんが動けるよう担ってからだったり、
母乳を沢山飲んでくれるようになってからだったり、
人それぞれ違っています。

授乳中は赤ちゃんに母乳をあげなければいけませんから、
普通の時よりも少しカロリーを多めに食べても太らないといいますが、
だいたい600キロカロリーから800キロカロリーほど増やしても大丈夫といわれています。

それくらいのカロリーが母乳をあげることで消費されるというわけですね。

ですから、授乳中も普段どおりの食事をしていれば、何をしていなくても、
600キロカロリーほど消費カロリーが増えているのでそれは自然に痩せる方向へと導いていることになるので、
母乳育児で痩せるということになるのでしょう。

ですが、母乳をあげているから大丈夫といって沢山食べていると、
痩せるどころか太ってしまいますから気をつけなければいけません。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意