母乳育児 食事 関係

母乳育児と食事の関係は?

スポンサードリンク

母乳育児と食事の関係ですが、赤ちゃんに美味しいおっぱいを飲んでもらうためにも、
そして乳腺炎などのトラブルを回避するためにも、食生活は徹底して管理しなければいけません。

脂肪分があまりに多い食事や糖分が多い食事をすれば、
おっぱいがベタベタで脂まみれになります。

普通はサラサラのおっぱいなのですが、詰まりやすくもなりますし、
ベトベトになってしまうのです。

また刺激物なども母乳に影響を与えてしまいますから、
味がかわり不味いおっぱいが出て、場合によっては赤ちゃんが飲まなくなることもあるのです。

料理のジャンルで言えば中華料理、
イタリアンなどは出来るだけ気をつけたほうがいいでしょう。

普段は食事を和食中心にしている人も、
外食をしたためにその日の夜に乳腺炎になって熱が出て、
病院に行ってしまったという人もいるといわれていますから注意しましょう。

母乳育児は食事制限が多少は絡んできますが、コレも美味しいおっぱいを出すためですから、
頑張って授乳中は赤ちゃんのための食事を心がけましょう。

昔ほどカロリーが高い食べ物が少ないわけではありませんから、
お餅なども食べる必要はありませんし、
食べ物には気を使うように気をつけていきましょう。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意