育児不安 統計

育児不安の統計

スポンサードリンク

現在、育児に不安をかかえている人が増えているといわれていますが、
育児不安を感じている人がどれくらいいるのか、それは統計を見れば一目瞭然です。

生後1ヶ月以上の子供を持っている人に育児不安についてのアンケートをとってみたところ、
7割の人が、育児不安を感じているという結果が出ました。

育児不安を感じている人は、なぜそうなっているのか、それは育児の協力者が周りにいなかったり、
夫が非協力的、夫が仕事が忙しくて子育てに協力できないといった原因が挙げられます。

また育児についての悩みを手軽に話せる友達が身近にいないことなども、
育児不安に繋がっているのではないかといわれてます。

夫婦のコミュニケーションがなかなかとれていない状況では、
育児不安を感じている人がとても多いということが統計でわかっています。

少子化に拍車がかかっていることも、この育児不安が原因であると、
統計を見ればわかります。

様々な要因が重なって育児をしている親が不安を感じていることは事実です。

もう少し育児に協力をしてくれる人が居る中で、
安心して育児が出来れば不安に感じる人の数も減るのではないでしょうか。

そして少子化にも歯止めがかかるかもしれません。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意
  • 育児不安の統計関連ページ

    育児中の腰痛の解消法について
    短時間で腰痛を緩和できる方法があれば是非実践したい所。そんな腰痛緩和術をご紹介します。