育児 腰痛

育児と腰痛

スポンサードリンク

育児をしているお母さんが腰痛になってしまうことはとてもよくあることです。

育児中の腰痛はとても辛いと思いますが、
辛いとはいっていられない状況でそれがどんどん悪化してしまうことはよくあります。

育児中に一番腰に負担がかかるのは、お子さんを抱き上げる瞬間ではないでしょうか。

中腰になって膝を伸ばしたまま抱き上げたりすれば、
腰にとても負担がかかりますから、腰痛の原因になります。

育児中はお子さんを抱っこしていることも多く、
立ったままお子さんを抱っこしていればそれだけ腰に負担もかかります。

腰痛になってしまったら、早めに治療を受けなければ、どんどん痛みが蓄積されて、
そして痛みが悪化して慢性化してしまうこともありますから、
早めに対処したほうがいいでしょう。

育児をしているときには腰痛がおきやすいものですが、
腰痛にならないようなた異性を取ったり工夫をして日々対処していくようにする必要もあると思います。

お子さんの体重が腰に負担をかけるので、腰に負担がかからない体勢で抱っこしたり、
腰ベルトを付けるなど対処して、育児中の腰痛を何とかしていければいいですね。

少しでも腰に痛みを感じる人は無理しないようにすることが大切です。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意
  • 育児と腰痛関連ページ

    育児中の腰痛の解消法について
    短時間で腰痛を緩和できる方法があれば是非実践したい所。そんな腰痛緩和術をご紹介します。