育児相談

育児相談をする

スポンサードリンク

育児相談をする相手はいますか?

育児相談をすることができる人と出来ない人では、随分育児の大変さが違いますし、
随分ストレスのたまり方も違ってくると思います。

育児相談をすることができれば、
些細なことでお子さんに虐待をすることもありません。

育児相談をせず一人でストレスも抱え込み、悩みも抱え込んでいると、どうしても虐待に発展したり、
イライラして子育てにも影響を与えてしまうようなことになるのです。

育児相談をするということは意外と大切な事で、
とても重要な事でもあるのです。

育児相談できる相手は誰でもいいでしょう。

例えば実家のご両親、お母さん、友達、兄弟など身近な人に、
自分が育児で今こんな状況になっていると言うことをわかってもらえる人に、
わかってもらうようにしましょう。

わかってもらわなくても、話を聞いてもらうだけでも随分楽になるものですから、
育児相談をするということはとても大切なことです。

もし環境的に、誰にも育児相談が出来ないと言うのであれば、
育児相談窓口が自治体に用意されていますからそちらを利用するのも一つの方法です。

もし育児相談窓口に直接出向くことに抵抗を感じているのなら、
電話相談などを利用してみてもいいでしょう。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意
  • 育児相談をする関連ページ

    育児中の腰痛の解消法について
    短時間で腰痛を緩和できる方法があれば是非実践したい所。そんな腰痛緩和術をご紹介します。