怒らない育児

怒らない育児とは?

スポンサードリンク

怒らない育児とは、その名のとおり怒らずに育児をすることを言います。

お子さんがある程度大きくなってきて、特に魔の2歳といわれている頃から、
頻繁にお子さんを怒る機会が増えると思います。

怒らない育児は、そのままですが、怒らないで育児をすることです。

お子さんを怒りたくなる事も多々あると思いますが、
ぐっとおさえて、怒らないこと。

怒らずに育児をすることなんて絶対に不可能だという人も中にはいるかもしれませんが、
怒らずに育児をすることは不可能なことではないのです。

お子さんが悪いことをする、いたずらをする際に、
されるようなところにおいておく自分が悪かったりもします。

触ってはいけない物を、子どもの触れるところにおいておくからいたずらされて、
怒るわけですよね。

怒らない育児を考えていくのなら怒らないようにする努力も必要です。

子どもは何でも好奇心旺盛でやりたがるものですから、
それを覚えておく必要があります。

怒らずに育児をすることができれば、お母さんのストレスも随分ましになりますし、
イライラしたりすることも減ります。

怒られないお子さんは自分で自分のことをしっかりとやれるようになりますから、
親子関係もとても良いものになるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意