混合育児

混合育児のコツとは?

スポンサードリンク

混合育児とは、母乳とミルクを混合して与える方法のことを言います。

混合育児ではどうやって進めていけばいいのかわからない人もいると思いますが、
方法がいろいろとあります。

母乳とミルクを同時に与える方法ですが、母乳を与える期間を出来れば長くしたいと思っているのなら、
搾乳するたびに、母乳とミルクを一緒に与えるといいと思います。

生後1ヶ月から2ヶ月の間の赤ちゃんは、
母乳を5-10分くらい飲ませてからミルクを与えるといいでしょう。

母乳を15分以上を飲んでいると赤ちゃんが疲れてしまって、
その後のミルクを飲まなくなってしまいますから、母乳を与える時間には気をつけましょう。

そして生後3ヶ月から4ヶ月くらいになると母乳は好んでよく飲んでくれても、
ミルクを嫌がる赤ちゃんも出てくると思いますから、
その場合には、最初にミルクを与えてから、母乳をあげるといいでしょう。

味覚が発達してくると混合育児で途中からミルクを飲ませようとしても、
母乳しか飲んでくれないこともあります。

無理に飲ませると、赤ちゃんがミルク嫌いになる事もありますから、
困ったときは医師に相談するといいでしょう。

ミルクを与える際は乳首の穴を小さめにしておくといいでしょう。

哺乳瓶は母乳よりも出がいいですから、
ミルクのほうが楽に飲めて母乳を飲まなくなる事もあるからです。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意