高齢育児

高齢育児とは?

スポンサードリンク

高齢育児は、高齢出産をしてから育児をしていることを言いますが、
高齢出産とは一般的には、35歳以上で一人目を出産するというケースのことを言います。

今の日本では数年前に比べると随分高齢出産をしている女性はとても増えているといわれています。

女性の社会進出に加えて、
晩婚化が進んでいることなども重なって高齢出産になるケースはとても多いといわれてます。

高齢出産をするだけでも大変なことですが、
その後高齢育児となるとかなり大変だというイメージを持っている人もいるでしょう。

高齢出産で体力がないと感じるのは、
育児をしているときだと痛感している人はとても多いです。

育児をしている最中に自分の体力のなさを痛感したときに、
もっと若い間に生んでおけばよかった、そう思っている人はとても多いのです。

特に夜中などは大変さが増します。

若いときは1度起きてもすぐに寝付けるのですが、
年齢を重ねれば1度起きればもう寝付くのに時間がかかったり寝れないこともあるのです。

ですから、自然に睡眠不足になり、そして昼間もなれない育児でへとへとですから、
体力を充電する間もなく1日があっという間に過ぎてしまい思った以上に、
体力だけ出なく気力も失われてしまうという高齢育児の人は増えています。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意