西原式育児

西原式育児とは?

スポンサードリンク

西原式育児という育児方法がありますが、これは、
元東大病院の口腔科の医師、西原先生が推奨している独自の育児方法のことを言います。

この西原先生は、ピジョンから販売されている鼻呼吸促進用のおしゃぶりを共同開発舌先生でもあります。

西原先生の西原式育児方の特徴ですが、例えば特徴あるものでは、
最低でも1歳までは母乳か乳児用ミルク以外は与えないこと、おっぱいは少しずつ、
1-2時間おきに与えて頻繁に授乳をすること、おしゃぶりは4-5歳まで使ったほうがいい、
無理に歩かせずに、疲れたらベビーカーに乗せてあげること、必要以上に物を取り上げないで、
適度に舐めたりかませたりすることが大事、子どものうちから激しい運動をさせないこと、
仰向けで沢山睡眠させる、冷たいものは飲ませても食べさせてもいけない。

コレが独自の育児法です。

一般的に聞く育児法とは違っているのですが、どれも意味のあることばかりで、
西原式育児法を取り入れている人は今とても増えているのです。

少し聞くと変わった育児法ではありますが、
これはお子さんをアトピーやアレルギー体質にしない体に作っていく育児法ですから、
今、アレルギーの子どもやアトピーの子どもがとても多いので、
それを解決できる育児法としても知られています。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意