語りかけ育児

語りかけ育児とは?

スポンサードリンク

語りかけ育児がとてもお子さんにとってよいといわれていますが、
ご存知でしょうか。

語りかけ育児というのはどのような育児方法なのでしょうか。

具体的には色々な方法がありますが、それを実践していくことで、
親子の絆が深まったり、お子様の成長にとても良い影響を与えるとされています。

まず毎日30分間はテレビをシャットアウトして、
親子二人の時間を持ちましょう。

静かな環境の中で、兄弟からも話して、他人の出入りのない環境で、
二人でゆっくりと静かな時間を持ちます。

完全にこの時間は話かけに徹してください。

これは何?と言葉を言わせるようなことがないようにします。

言語の発達というのは、聞くちから、
注意を向ける力をアップすることが必要不可欠でその力を付けさせようとするのなら、
語りかけはとても大切です。

言葉が発達していると、知的能力も自然にアップしていきます。

子どもの時期は大人の脳の2倍のシナップスを持っているので、
あまり使っていないと10歳を過ぎた頃からだんだんなくなるとさえ言われているので、
語りかけいくじはとても大切とされているのです。

早期教育は、子どもには負担で、教育を受け入れる準備を親がするためにも、
語り掛け育児がとても役に立ちます。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意