育児を楽しむ

育児を楽しむコツ

スポンサードリンク

育児を楽しむことは簡単なことです。

育児疲れを貯めないこと、ストレスを感じないこと、
大変だと思うことでもすべて楽しい方向に持っていく、それが育児を楽しむコツです。

オムツを替えるのが大変、
赤ちゃんの授乳が大変、大変、大変と言い出していたのでは霧がありませんが、
すべてが楽しいことだと思ってみませんか?

そうすればオムツ一つ交換するのでも、赤ちゃんとスキンシップを取りながら、
赤ちゃんと触れ合いながら楽しく交換できると思います。

赤ちゃんがミルクを飲んでいるとき、おっぱいを飲んでいる姿は、
一生のうちにそうそう見られるものではなくて本当に貴重な時間です。

この時間がとても大切だということを思っていれば、
楽しい方向へと考えられるのではないでしょうか。

育児を楽しむコツ、それはあまり深く考えないことですね。

育児書どおりに行かなくたって、
何時までに寝かし付けをしなければいけなかったのに大幅に遅れていたって、
気にしないことです。

その時の赤ちゃんの機嫌がよくて、すべてがよかったのであれば、
計画通りにすすまなくったってそれはそれでいいのではないでしょうか。

頑張りすぎないことが育児を楽しむコツなのです。

育児は頑張りすぎると大変ですから適度に力を抜きましょう。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意