育児疲れ

育児疲れがたまったら

スポンサードリンク

育児疲れは育児をしている人なら、年中感じていることかもしれません。

そしてそれはお子さんの年齢が小さければ小さいほどに育児疲れというのは感じてしまいます。

育児は24時間365日年中無休といいますがまさにその通りです。

赤ちゃんが生まれてからは自分の休みや自分の好きな時間というのは、
なかなかとりづらくなるでしょう。

そうなるとストレスもたまってきますし、睡眠が十分に取れない、やることがとても多い、
そんな中で育児をしていると、育児疲れが貯まってくることだってあります。

育児疲れが貯まってくると、段々精神的にもイライラとしてきて、
赤ちゃんにもあまり言い影響を与えません。

お子さんがいたずらをする時期になるとさらに育児疲れがピークになり、
場合によっては思っても見ない展開になることもよくあります。

育児疲れを感じたら、少し休憩する時間を取って、
夫や誰か協力してくれる人に頼んでリフレッシュできる時間を取るようにしましょう。

1週間に数時間でもいいのでリフレッシュできる時間を、
1日に数分でいいのリフレッシュできる時間があればいいでしょう。

それだけで育児疲れを解消させることが出来て、
それは良い子育てに繋がりますからストレス解消にもなるのです。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意