母乳育児 悩み

母乳育児の悩みとは?

スポンサードリンク

母乳育児をしていると何かと悩むことが色々とあります。

例えばおっぱいの出が悪くて、でも母乳育児をしたいと思っているので、
頑張って母乳で育てたいと思っていてもなかなか量が思うように増えないと悩んでしまいますよね。

他にも赤ちゃんが上手におっぱいを飲んでくれない、すってくれないから、
体重がなかなか増えないとか、赤ちゃんの飲み方が悪いので乳首に亀裂が入ってしまって、
底が痛んでいるという悩みもあるでしょう。

人によって母乳育児の悩みというのは、色々とあり違っているのですが、
それぞれの母乳育児の悩みをしっかりと解消させることが大切です。

おっぱいの出が悪い、量が十分に足りていないという悩みに関しては、
母乳マッサージ、おっぱいマッサージを受ければ出るようになると思います。

産院や小児科などでも、赤ちゃんのおっぱいの吸い方を見てくれて指導をしてくれることもありますから、
母乳育児で悩んでいることがあるのなら、一人で抱え込まずに、
母乳育児の悩みを聞いてくれるところで相談をしてみるといいでしょう。

今は色々な機関で母乳育児の相談が出来ると思いますからお勧めです。

一人で悩んで母乳が出なくなっては意味がありませんから早めに解決できるようにしましょう。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意