育児時短勤務

育児時短勤務

スポンサードリンク

育児時短勤務は、1歳までの子供を育てている人は、短時間勤務やフレックスタイム制、
士業、終業時刻の繰上げ、繰り下げ、残業をしないなどの便宜を図ってもらえます。

そして育児時短勤務は3歳から小学校に入る前の子供を育てる人を雇っている会社が労働者に対して、
7時間以上勤務しているという場合には1時間以上短縮して仕事をすることを許可することになっています。

この育児時短勤務は育児をしながら仕事をしている親にとってはとてもありがたい制度ではありますが、
メリットばかりではないようです。

現実、育児時短勤務をすると、
どうしても仕事の第一線から外されてしまうことが多いという点が上げられますし、
他にも、給料もその分へってしまいますから、収入が減ったと言うデメリットもあるようです。

法的には利用できることになっていますが、
会社によってはとてもとりにくい現状にあるというのも実際のところ多いようですから、
育児時短勤務が必ずしもいいとは言えないのが現状のようです。

しかしそれでも働きながら仕事をする親にとっては、
少しでも勤務時間を減らしてもらわなければ育児の負担になったり、
子供の保育園の送り迎えの関係上難しくなることもあると思います。

夫に協力してもらえればいいのですが、もらえない人は特に育児時短勤務は必須でしょう。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意