働く女性 育児

働く女性と育児

スポンサードリンク

働く女性が増えていることで育児をしながら働いているお母さんも増えていますから、
様々な法的な措置も受けられるようになっているのが特徴です。

産休や育児休暇制度はもちろんなのですが、
それ以外にも育児をしながら働く女性野田名短時間勤務制といって、
1日の所定労働時間を短くする制度やフレックスタイム制、
士業時間や終業時刻の繰上げや繰り下げの制度、残業の免除などがありますから、
こうした制度を利用しながら働く女性は育児と仕事を両立していくことが出来ます。

とはいっても働く女性にとって保育園の存在はとてもありがたい場所ですが、
今は保育園に思うようなタイミングでいれることが出来ずに困っているケースもとても多いのです。

育児をしながらの仕事で一番辛いのが子供が熱を出したり病気になったりしたことでしょう。

子供の看護で休みを取ると言うのはとてもとりづらいことかもしれませんが、
小学生前の子供が一人の場合には、年二5日、2人なら年に10日、会社に申し出ることで、
有給休暇と派別に、休暇を取得することも可能ですから覚えておくといいでしょう。

制度が少しずつ整えられていますから、チェックして活用できる物を活用して、
働く女性と育児に役立てて行きましょう。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意