育児手当て

育児手当てとは?

スポンサードリンク

育児手当という名前の手当てを支給している自治体がありますが、
これは、自治体によって違いがありますから、子供手当てのように、
全国的に一律で支給されているものではありませんから注意が必要です。

例えば熊本県の阿蘇市では育児手当の支給がおこなわれていますが、
ここでは阿蘇市に引き続いて1年以上住んでいる人で、
平成17年の2月11日から出生の、第三子以降の子供を養育している人が、
生まれて翌月から3歳の誕生日のつきになるまで支給してもらえるという制度となっています。

コレは子供手当てとは別になりますから、阿蘇市の場合には月額13000円の子供手当てとは別に、
第三子以降で3歳までになる子供がいる場合には、その子供は33000円も支給されることになります。

この自治体では所得制限を設けていませんし、
対象自動の戸籍謄本と家族全員の住民票があれば手続きできます。

支給に関しては子ども手当てと同じ4ヶ月に1回、2月、6月、10月に、
前月までの分が支給されるという仕組みになっていますから、
阿蘇市で子育てをしている人にとってはとても心強い制度です。

このように全国どこでも実施されているというわけではありませんが、
こうした手当てがもらえるということはとても安心して子育てをすることができますね。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意