育児手当

育児手当の色々

スポンサードリンク

育児手当は色々あります。

育児手当は出産、育児などに対して自治体や保険などから支給されるお金です。

出産一時金は出産費用の補助が目的の手当てで、
健康保険に入っていれば35万円支給されていますが、
この額は加入している保険によって違いがあります。

出産一時金の育児手当は出産してから2年以内に申請しなければいけません。

そして育児休業給付金もありますが、これは育児手当の中の一つですが、
育児休業を取ることに伴って減額される給料を補充するための手当てです。

出産手当金と似ているのですが、育児給付金は雇用保険の制度となっています。

なので、雇用保険に入っていなければ受け取れないのです。

そして最後に子供手当てがありますが、こちらは中学生以下の子供を対象にして、
一律13000円支給されている手当ですが、数年前までは、児童手当として支給されていました。

今後この手当ての値段は変わるとも予想されていますが、
小さい子供さんがいる家庭にとってはとてもありがたい制度でもあるのです。

育児手当は、出産一時金、出産手当金、育児休業給付金、
子供手当てがありますが自治体によって増額、所得制限があるのが特徴です。

育児をするにあたって安心して育児ができるように工夫されています。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意