男性 育児参加

男性の育児参加について

スポンサードリンク

男性の育児参加は今当たり前のように行われており、イクメンも増えていますから、
育児参加をしていることに対して違和感を感じる事は少なくなりました。

少し前までは、まだ女性が育児をするというスタイルが普通でしたから、
イクメンみたいに、赤ちゃんを抱っこしたり、
赤ちゃんのお世話を積極的にする男性というのは今ほどは多くなく、
逆に珍しいくらいでした。

積極的に育児に参加することは周囲の人から見ても、単に偉いという感覚でしかなかったのですが、
今は当たり前のように育児を手伝う協力する男性は増えています。

男性の育児参加が増えた理由は、
女性も仕事を持っている人が増えていることにあるかもしれません。

男性の育児参加をしていることは女性も仕事をしていて、対等な立場にあり、
そのことから、二人で協力してやっていくということにつながったのです。

今は育児雑誌でも、男性コーナーが掲載されていたり、
男性雑誌にも育児コーナーが掲載されているなど、
世間的に見ても育児の男性参加は普通に行われている時代です。

ですから、まだ育児は女性だけがするものだというような感覚を持っている人は、
それはかなり古いですし、今は男性も育児参加する時代だということを覚えておきましょう。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意