指しゃぶりをやめさせる方法

指しゃぶりを止めさせる方法について

スポンサードリンク

指しゃぶりを止めさせる方法ですが、注意点がまずありますので、
それを理解したうえで行いましょう。子供と同じ目線で話をしながら、
子供が自分で指しゃぶりを止めたい、そんな風に思える環境を作ることが大切です。

親からしてみれば、歯並びが悪くなるとか、子供の成長を心配してしまって、
指しゃぶりをなんとしてでも止めさせたい、そんな風に思うのでしょうけれど、
最初から頭ごなしに叱ったりして止めさせたとしても、
子供はなぜ怒られているのかわかりません。

子供というのは、急がせたり、焦ったり、嫌がっていることを無理やり押し付けたりすると、
実はストレスがたまって、逆に止められなくなるものなのです。

最初は子供と一緒に指しゃぶりをしているところをみて、
指しゃぶりをこれ以上続けるともっとひどくなるということを話して聞かせます。

指しゃぶりが悪いことだと分からせて上げましょう。

そして、ママと一緒に止められるように頑張ろうと励ましてあげて、
やさしくスタートさせてみましょう。

指しゃぶりをしなくなったら、ちょっとの間であっても褒めて上げましょう。

そうすれば褒めてもらえるということから、
指しゃぶりに変わる精神安定剤代わりになるので落ち着いてスムーズに止められるでしょう。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意
  • 指しゃぶりを止めさせる方法について関連ページ

    生後二か月での指しゃぶりは早い?
    生後2ヶ月くらいの指しゃぶりに習慣性や執着はないので、大人が無理に辞めさせる必要はありません。