子供の虫歯予防

子供の虫歯予防について

スポンサードリンク

子供の虫歯予防が今推奨されていますが、
子供の虫歯予防といえばフィンランドがかなり進んでいるといわれています。

しかし日本でも虫歯予防の動きはどんどん進んでいるのが特徴です。

今日本人の子供12歳を見てみると、
平均本数2.4本虫歯があるといわれています。

しかしお母さん世代の頃は、12歳で平均4.9本虫歯があったという統計データが出ていますから、
昔の子供と虫歯のできる本数を比べてみると半分以下になっていることがわかります。

子供が虫歯にならないためには、少しでも仕上げ磨きをしっかりとやってあげることが大切です。

仕上げ磨きをするようにしてあげればお子さんの未熟な歯磨きでも、
綺麗に磨くことが出来ます。

またキシリトールも上手に使っていくことで虫歯になりにくいといわれていますから、
最近はキシリトール入りのガムを子供にかませることも大切とされています。

他にも、歯医者さんに行って定期的にメンテナンスを受けておけば、
虫歯の早期発見にもつながりますから虫歯予防になります。

歯医者さんへ行くのは虫歯が出来てからではなくて、
綺麗な歯を維持するという目的で通うことも大切なのです。

綺麗な歯を維持させてあげて虫歯を予防するためには、
親の努力も勿論必要です。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意
  • 子供の虫歯予防について関連ページ

    生後二か月での指しゃぶりは早い?
    生後2ヶ月くらいの指しゃぶりに習慣性や執着はないので、大人が無理に辞めさせる必要はありません。