子供 歯磨き 方法

子供の歯磨きの方法

スポンサードリンク

子供の歯磨き方法の段階は3つです。

1.歯磨き初期(約6ヶ月〜約1歳半)
 生後6ヶ月くらいから下の前歯が生え始めます。
 乳歯が1本顔を出した時から、ガーゼなどの柔らかい物で歯をぬぐう程度から始めます。
 口の中を触られるのに慣れてから、ブラッシングを始めます。
 1歳ごろには上下の前歯が揃ってきます。
 上の前歯は唾液が届きにくいので、汚れが溜まりやすく、糖分を飲んだり食べたりするようになると虫歯ができやすくなります。
 この時期には1日1回の仕上げ磨きを習慣にしましょう。 

2.歯磨き中期(約1歳半〜約3歳)
 1歳半くらいからは奥歯が生えてきます。
 3歳くらいまでは乳歯が全部生え揃うので奥歯の溝には歯垢が溜まりやすくなります。
 子供ではまだうまく歯ブラシを使えません。
 無理に歯磨きをさせるよりも、遊び感覚でスキンシップを取り、食べたら磨くものという習慣にして確実に仕上げ磨きをしていきましょう。

3.歯磨き後期(約3歳〜約5歳) 
 すでに乳歯は20本生えそろっています。
 ぶくぶくうがいもうまくなってきているこの時期からは歯磨剤を使いましょう。
 歯磨き剤のフッ素が、歯のエナメル質を強くし、虫歯になりにくい歯にしてくれます。

この方法プラス母親が本音で子供には歯磨きが必要だと考えることで子供は素直に受け入れます。
子供がうまく磨けたら、褒めてあげ歯磨きの重要性、意味を少しずつ理解させて一人でもちゃんと磨けるように指導します。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意
  • 子供の歯磨きの方法関連ページ

    生後二か月での指しゃぶりは早い?
    生後2ヶ月くらいの指しゃぶりに習慣性や執着はないので、大人が無理に辞めさせる必要はありません。