育児 9ヶ月

育児生後9カ月の特徴

スポンサードリンク

育児の生後9ヶ月の赤ちゃんというのは、早い赤ちゃんになるとつかまり立ちをしたり、
伝い歩きを始める時期ですし、早ければ歩く子もいるかもしれません。

ハイハイをして行動範囲が広くなっていますから、育児をする際には、
赤ちゃんの安全にとても気を使わなければいけません。

ハイハイやつかまりができるようになった赤ちゃんは、
行動範囲が広くなるだけでなく危険なことも今まで以上にとても多くなります。。

赤ちゃんにとって安全に過ごせる環境と作ってあげる事が、
お母さんのこの時期の育児についてとても大切なことです。

ですが、あれもこれも、駄目としてしまうと、赤ちゃんの成長を妨げてしまいます。

赤ちゃんにとっては自由に動き回って興味を持って、
いろいろな体験をすることもとても大切なことなのです。

ですから行動をある程度邪魔しないようにすることもとても大切なことなのです。

危ない場所をあらかじめ押さえておいて、
それに対しての対処だけは徹底しておくようにしましょう。

玄関のドア、冷蔵庫、オーディオ、引き出し、コンセント、
階段やベランダなどにはとくに注意しましょう。

お風呂やトイレなども溺死事故がよく起きているので、十分に注意しましょう。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意
  • 育児生後9カ月の特徴関連ページ

    生後2ヶ月の特徴
    生後2ヶ月の赤ちゃんは、新生児だった頃よりも表情が出て来て可愛さが増してくる時期です。