育児 3ヶ月

育児生後3カ月の特徴

スポンサードリンク

生後3カ月のころの赤ちゃんの育児についてですが、
昼と夜の区別がさらに付いてくる時期ですから、
お母さんも比較的睡眠不足が解消されてくるころではないでしょうか。

これまでは昼夜の区別がなかったのでお母さんはとても大変だったと思いますが、
赤ちゃんにも昼夜の区別がついてくるのでずいぶん楽になるでしょう。

また育児ということではありませんが、予防接種が3カ月を過ぎたころから始まりますから、
予防接種についてもしっかりと予定を立てて順番に入れていかなくてはいけません。

立て続けに予防接種を受ける事になると思いますから、
ちゃんと予定を立てておかなければいけません。

3か月くらいからの育児の悩みとして、
赤ちゃんが夜に元気になりすぎてぜんぜん寝てくれないといった悩みも出てくるころかとは思いますが、
楽しみながらゆったりとした気持ちでおこなうのがいいでしょう。

どうしてもお母さんがいらいらしてしまうと、赤ちゃんにもしっかりと伝わってしまう時期ですから、
イライラせずに寝るまでしっかりとリラックスした感じで接してあげるといいでしょう。

3か月くらいは首も座ってきますから、
抱っこしやすくて扱いやすくなってくるのもこの時期からの特徴です。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意
  • 育児生後3カ月の特徴関連ページ

    生後2ヶ月の特徴
    生後2ヶ月の赤ちゃんは、新生児だった頃よりも表情が出て来て可愛さが増してくる時期です。