七五三 帯 結び方

七五三の帯の結び方

スポンサードリンク

七五三の帯の結び方で一番気になるのは、七歳の女児の帯ではないでしょうか。

その理由は帯解き祝いという名前がついているので、
ここから本格的な帯をすることになるからです。

元々作ってある作り付けの帯を使ってもいいでしょう。

七五三の女児の帯祝いの帯結びの方法をここでは紹介したいと思います。

まずは背中の真ん中で伊達締めにタオルを入れますが、
こうすることで結び目が安定するのです。

そして手の長さを帯幅の3倍に決めて、
上、3分の1を内側に折り返して背中の真ん中において左肩を上げます。

そして帯は胸の高さに二回まいて、
下にも同じように体に沿わせて巻きます。

二巻きしたところで帯板を入れてタレを背中の真ん中で二つ折りにします。

そして預けていた物を交差して結び目を作ります。

そしてたれで羽を作って大きさは肩幅程度にして内側にたたんでいきます。

たたんだ帯の半分を引き出して、
羽の真ん中で3つ山のひだを作って羽の真ん中に八の字がけをして紐を入れます。

その間に帯枕を入れて帯揚げをかけて先をおろして、
あとは帯締めを当てて前で結べば完成です。

若干難しく感じるかもしれませんが、
手間がかかると思う人は作り付けの帯がおすすめですね。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意