七五三 袴 着付け

七五三の着付けとは?

スポンサードリンク

七五三の男児の袴の着付けは、女児の着付けに比べるとかなり複雑なので、
家庭で自分で着せてあげたいと思っていても、
なかなか自分では着付けしてあげることが出来ないこともありますが、
最近はインターネットなどで写真つきで説明してくれているサイトなどもありますから、
そのようなサイトを参考にすれば誰でも七五三の袴の着付けを手軽に出来るのではないでしょうか。

まず角帯をして、
手先は垂れ中心に被せて2回まいて残りの手先は帯の下に通しておきます。

そして袴をはいて、
左右の紐を後ろに回して着物の中心で交差させてください。

交差させた後後ろに紐をもって行き、
後ろで紐を十文字に結んで、下帯のしたで結んでおきます。

そして袴の後ろ残し板を帯の上に乗せて、
へらがついているならヘラを下帯に挟みましょう。

袴の後ろの紐を前に回して向かって右の紐にお守りを通して、
紐を前にくくらせて交差してください。

下になった紐をもう一度前にひもからげて、
向かって左の紐を紐の長さの三倍の長さの中に、中にと折込んで、
右の紐をたたんだ干物真ん中に来るように、ひもを2-3回巻いて、
十文字に整えれば袴を着けることが出来ました。

その後は懐剣を錘の横の袴と着物の間に入れて羽織を着れば着付けが完成です。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意