七五三 挨拶

七五三の挨拶の文例

スポンサードリンク

七五三ではどのようにお祝いのあいさつ文を書けばいいのでしょうか。

七五三に限ったことではありませんが、
子供へのお祝いは成長を喜びこれからの成長を祈るという行事ですから、七五三の場合には、
三歳の髪置きと、5歳の袴着、
そして七歳の帯解きの儀式で昔から子供の成長を願って行われているのです。

普通にお祝い状を送る人もいれば、
着物を送ったりします。

では具体的に七五三をお祝いするためのあいさつ文の例文を紹介したいと思います。

--------------------------------------------------------

「いよいよ秋も深まって参りましたがいかがお過ごしでしょうか。

この15日は○○ちゃんのはじめての七五三のお祝いでございますね、
本当におめでとうございます。

さぞかしお健やかにお育ちのこととお察し申し上げます。

お父様、お母様の手に引かれておまいりなさる姿を想像いたしますと、

思わずこちらまで嬉しくなる限りです。
どんなに可愛いお姿なのでしょうか。

お祝いの印にと、ピンクのブラウスをお送りしました。

○○ちゃんに気に行ってもらえれば幸いです。

これからも○○ちゃんの健やかな成長をお祈りいたします。

まずはお祝いまで。

--------------------------------------------------------

といった文章でよろしいのではないでしょうか。

勿論もっと親しい間柄にあるという人は、
もう少しフランクな文面にしてもかまいません。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意