七五三 着物 女の子

七五三で着物を女の子に着付ける

スポンサードリンク

七五三の女の子の3歳の場合にはお祝いは髪置きのお祝いとして行います。

それまで剃っていた髪の毛を三歳になると伸ばし始めるというのが元々の由来です。

まだまだあどけない感じが残っている3歳の七五三ですが、
晴れ着の上にサン採用の着物で被布といわれる袖の無い上着を重ねて着せるのが一般的です。

晴れ着に兵児帯を結んだ上に被布を着せることになりますが、
被布を着せずにちゃんとした帯を結んで着付けをすることもあるといわれています。

三歳の七五三の女の子のヘアスタイルもアップに髪飾りで華やかにするのが主流です。

七歳のお祝いは帯ほどきのお祝いといいますが、
はじめて帯を結ぶというお祝いです。

今までは着物についている紐を結んで兵児帯にしていましたが、
七歳にちゃんとした帯を結ぶようになるというものです。

少女の美しさがある七歳の女の子の場合には振袖に本格的な帯を結ぶのが一般的です。

本裁ちの大人の寸法になっている振袖を肩上げして、
小仕上げもしてはこせこと扇を胸に入れてしごきと呼ばれる芯の無い帯を帯下に入れます。

はこせこというのは箱型の紙入れで、
七五三の飾りとして女の子はつけることになります。

ヘアスタイルもアップにして髪飾りをつけるのが一般的です。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意