男の子の七五三

男の子の七五三は?

スポンサードリンク

男の子の七五三についてですが、
衣装はどうしても女の子のほうが華やかでとても目立ってしまいますが、
男の子の七五三の衣装もとっても素敵です。

男の子の七五三のお祝いというのはそもそも3歳と5歳で行うところが多いですし、
または3歳は行わずに5歳だけお祝いをするというケースに別れます。

これは地域性の問題もありますので、
自分の地域はどうなっているのか確かめてみるといいでしょう。

3歳で行う場合にはお宮参りのときに着ているのしめを使うことが多いとされています。

のしめは、お宮参りの際に赤ちゃんには折らせた着物のことを言います。

のしめを袖を縫って腰あげ、
肩上げをして着せて、そして被布を着せるという感じです。

男の子の七五三で5歳の場合には和装にするのか洋装にするのか考えてしまう人も多いですが、
和装の場合にはあまり男の子は着る機会がないのでおすすめではないでしょうか。

5歳の七五三の和装で必要なものは肌着、伊達締め、腰紐、半襟、着物、
羽織、袴、角帯、刀袋、羽織紐、祝扇、足袋、草履などです。

あらかじめ用意しておくと当日あわてなくて済むでしょう。

これらすべてを身に付けて七五三をお祝いしてあげるようにしてあげましょう。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意