七五三 七歳

七五三七歳の場合

スポンサードリンク

七五三の七歳というのは女児が行うものです。

数え年で女の子は七歳に行うのが一般的ですが、
七五三の七歳の場合には帯解きの式という別名で呼ばれていることもあります。

女の子の七歳の服装ですが、一般的にはお祝い着は振袖に肩上げをして、
帯をします。帯は袋帯になります。

3歳のときは、帯をしないで被布を着ていたと思いますが、
七歳では袋帯をつけます。

そして帯の周りにはカラフルな帯揚げをしますがしごきというものが追加されます。

両親が洋服で、お子様だけ着物でもいいですが、
お子様の着物に合わせて両親の服装も考えるといいでしょう。

子供が絵羽模様の着物を着ている場合には、
母親は訪問着かつけ下げを着ます。

そして子供が紋付や振袖の場合には、
色無地や色留袖を着るのが普通です。

洋服で両親は行うというのであれば、
正装に近いスーツやワンピース、父親はダークスーツを着るのが一般的ではないでしょうか。

七五三の七歳の女児の着付けは、
普通の大人の着付けと同じように少し難しくなってくることもありますから、
出来ないと思ったら早めに予約を入れておいたほうがいいでしょう。

シーズンになると予約がいっぱいで自分がいれたいと思った時期に予約を入れることができなかったり、
朝早くになってしまったりすることもあります。

スポンサードリンク

育児の悩みランキング


わかっているけど、イライラする・・・。
わかっているけど、イライラする・・・。
育児ノイローゼとは、育児をしている人が、
ノイローゼになる事を言います。

お母さんの性格が例えば真面目で几帳面だったらなりやすいですし、
生活をしている環境によっても、育児ノイローゼになりやすいことはあるのです。

周囲の人によっても現れる人もいます。

育児ノイローゼと虐待


しつけの方法に悩む…。
しつけの方法に悩む…。
育児の中でもしつけを身に付けさせることはとても大切な事ですが、
なかなか大変なことでもあります。

育児の中でどうやってしつけをしていくのか、
それに悩む親はきっと多いと思います。

まず育児をする段階で、
基本的なしつけを小さいころから自然に身に付けてあげることはとても大切な事です。

育児のしつけは大変


仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事との両立は出来るのかなぁ…。
仕事と育児の両立を考えていくのなら、
一人で抱え込むのではなくて、手助けは必要です。

仕事をしながら出産をして、育てていくのなら、夫の協力は勿論ですが、
それだけでは無理ではないでしょうか。

両親や親しい親戚が、何かあったとき、いざと言うときに手助けしてくれる体制を考えておかないと、
なかなか仕事と育児の両立は難しいでしょう。

仕事と育児の両立


育児総合カテゴリ
出産前/出産後
知っておくべき育児休暇
その他知っておくべき事
  • 育児ノイローゼに注意
  • 子供の溶連菌に注意